2006年07月16日

遂にお迎えが来た

やり過ごしたつもりが全然やり過ごせていなかったようで、PCの動作不良がいよいよ誤魔化しの効かない状態に。
もう少し様子見をしてからPSU発売される直前ぐらいに買い換えと思っていましたが、そうも言ってられなくなったようなので、一式買ってきました。

AMD Athlon64 3500+(SocketAM2)
ASUS M2N-E
DDR2-667-SDRAM 512MB(HYNIX バルク)x2
Galaxy GF7600GS-Z/256MB

CPUは3800+がよいかなぁと思わなくもなかったのですが、微妙にケチりました。メモリもDDR2-800にしなかったのは同様の理由。いずれ、64X2に載せ替える事になったらメモリも一緒に買い換えます。


AM2マザーはまだ初物に近い状態だし、ひょっとしたら苦労するかもしれんが、BIOSアップデートで安定したという話も聞くし、まは何とかなるだろう。と思っていたら取り付け前にCPUの足を曲げるというまるで想定外のトラブルが(ぉ いやぁ、嫌な汗かきましたね。完全に折れてしまわなくて助かりましたワ! 

次のトラブルはCPU認識後メモリチェックの前のタイミングでフリーズするという症状が発生。こいつはメモリーカードリーダーが原因だったようで、コレをはずしたらピタッと治まりました。このカードリーダーは以前にも微妙に調子が悪い事があったので、思い切って廃棄決定。

その後は、修復セットアップ完了まで何事もなく。一通りドライバをあてた後、「現状で動作はしているが念のためBIOSアップデートしてやろう」と言うところで次なるトラブル。

最初、Windows上からBIOSアップデートをしたところ、作業中にフリーズ。具体的にいうとBIOSの内部の削除の所で固まりました。気持ちを落ち着ける為に一服するも状況変わらず。どうしようもないので、思い切ってリセット。すると起動時に自動的にBIOSが修復され、無事Windowsが起動。ほっと胸をなで下ろすも、もう一度同じ方法でBIOSアップデートを試みる勇気はなく。それで、どうしたかというとBIOSセットアップ内にBIOSアップデート用のツールがあるようなので、それを使ってみることに。

結果として、またBIOS内部削除の所でフリーズ(ぉ

しかも今度は自動でBIOS修復しないし!

さすがに目の前が暗くなりかけましたが、何やらFDなどを要求している模様。そこで両親のパソコンを使ってFDDにBIOSイメージとBIOSフラッシュツールをコピーしたものを作ってFDドライブにセットしてENTER……。

FDの中のBIOSイメージを使ってBIOSの修復始めました〜〜〜〜っ!!

大きく安堵の息を吐くワタクシ。危うく購入初日にマザーボードを亡き者にしてしまう所でしたワ。

BIOSアップデート完了後はトラブルは発生せず。不安だったメモリも問題なく動作。トラブルではありませんが、マザーボードの仕様の都合上、PCIバスの数が少なくなってしまったので、それまで取り付けていた拡張カードのうちとりあえずGV-MVP/GXのみ取り付ける事にしたのですが、やはりオンボードサウンドがいまいち気にいらない。音そのものは正直気にならないのですが、時折「ブツッ!」と大きめのノイズが入る事があるのです。もう少し様子をみてどうしても気になるようならサウンドカードを取り付ける事にしようかと。



posted by 柊 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | PC・デジタルデバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずいぶん苦労したようで・・・結果無事で何より。

サウンドはAD1988でしょうか?だとしたら、ASUSのHPから新ドライバ引きずってきてみてください、私はそれでまともになったよん。あと、使ってない入力デバイスをミュートにするとかなり改善されます。サウンドはこっちも別のカード挿そうかなぁ・・・と思っていますが、挿したいカードがありません・・・。

AMDLive!の件については、手動でドライバを入れるといいようです。ただし、それが何のためのデバイスかは不明です。

Posted by sky at 2006年07月17日 16:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。