2006年07月01日

携帯電話の機種変更をしてみた

2年半ぶりに携帯電話を機種変更してみました。

060701_01.jpg

機種はCASIOの「G'zOne W42CA」。発売されたばかりの新型ですよ。言い忘れてましたがキャリアはもちろんauです。

今まで使っていたSANYOの「A5503SA」がそろそろバッテリーの持ちが怪しくなってきてたので、そろそろ機種変の時期かなと考えていてA5503SAが薄くて使いやすかったので当時最薄で評判だったW31Tに機種変してやろうかとも思ったのだけれどもいまいち決め手に欠ける。これでPCサイトビューアーが付いているか色が緑だったら良かったのに。と踏ん切りが付かずに結局W31Tは完売。後継のW32TやW41Tにも緑はなく、こんだけ待ったんだからもう今のが壊れて動かなくなるか、液晶解像度がVGAのやつがでるまで待つかなーなどと思っていた矢先に、夏の新モデルとしてW42CAが発表されたのを見まして。

元々キャリアをauに変更した(元々はJフォン(当時)だった)理由が「G'zOne C403CA」の黄色い奴に一目惚れした為だったので、タフネスケータイのシリーズには愛着があり、昨年「G'zOne TYPE-R」が発売されたときも、コレはいいなぁ、と思ったんだけどその当時はまだA5503SAのバッテリーも問題なかったしTYPEーRがWIN端末でなかった為に機種変は見送っていたという事もあって、新型の仕様(WIN端末・PCサイトビューアー搭載・カラバリに緑)確認直後にこれはもう買うしか!!と決心しての機種変でした。VGA液晶ではないものの、そもそもVGA携帯自体がまだ1機種しか存在せず、auでVGA液晶端末が発売されるかどうかすら決まっていない(将来的にはでるでしょうが)上での、「こんなの出たらいいよなぁ」的な希望だったので全然問題ナッシングですよ。

とりあえずさわってみた感想は「でかくて重い」。今までのが薄型軽量モデルだったから余計にそう感じます。ただ伸縮式のロッドアンテナが無くなったのは扱いやすくてイイですね。
操作感覚はボタンが変わったせいでちと押しづらく。まぁこの辺は慣れでしょう。
液晶画面は微妙に大きくなって、明るくなって発色が綺麗になったような気がする。見やすくて良いです。
サブ液晶は円形のモノクロ液晶。前機種「A5503SA」はサブ液晶が大型なのが特徴でしたがぶっちゃけサブ液晶を見ながら何かをするって事は無かったので、これで十分です。


とりあえず端末が新しくなって今まで出来なかったことを試してみようと言うことで、「着うたフル」なんかをダウンロードしてみました。

060701_02.jpg
250円/1曲でした。

ふと、ネギま!関係の曲の着うたフルってあるのかな?とか思ってみたり。

それにしてもEZWebそのもののレスポンス(通信速度)の早さに驚き。まぁこの速度があればこその音楽配信なんでしょうが。

着うたフルの他にもPCから音楽落とし込める様だし、ミュージックプレイヤーとしても十分機能しそうなので、よし次はこいつを風呂場に持ち込んで入浴中のBGM演奏をさせてやろう!とか思ってたんですが「石けん、洗剤、入浴剤の入った水には絶対に浸けないでください」との注意書きが。ああん。その他にも海水やプール(つーか水道水以外?)がダメだったり耐水圧設計ではないからシャワーや水道の蛇口がアウツだったりと、タフネスケータイという割には実は繊細な奴だった模様。そりゃ極小の精密機械なんだから当たり前ですが。

それでもスピーカーを内蔵した携帯音楽プレーヤーとして便利に使えそうなのは間違いないので、早速手持ちの音楽を色々と落として込んでやるとします。



posted by 柊 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・デジタルデバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。