2006年04月28日

魔法先生ネギま! 134時間目 「全開! カラクリ拳法!!」

魔法先生ネギま! 週刊少年マガジン2006年21・22合併号掲載分の感想です。
 
 
 
 
〜凛々しいね、せっちゃん〜
ちょい本気モード?で超と対峙する刹那。腕を取られた超は後ろに倒れているようですが、投げが決まった時にはうつぶせになっております。えーと、投げながら回転させた?後ろというか、横方向の回転で組み伏せたんですかね。

「この時代の使い手は最新式の軍用強化服を生身で軽く凌駕する」
またもや超が未来人であると示唆するような発言。そしてやはり身体能力を強化する装備をしていたようです。超が本当に未来から来たとして、その時代では超の使用している強化服の様な形で本来積むべき修練をすっ飛ばしてお手軽に戦闘力を高めることが出来るので、生身を鍛えて超人へと至る術(例えば楓の忍術や刹那の神鳴流等)は失われているのでしょうか。もしくは真剣に道を極めんと欲する人がいなくなってしまったのか。

〜超のライトニングストレート〜
刹那の固め技を逃れ、反撃の一撃。やはり打突時に電撃を流す仕組みがあったようです。ちゃおりんコレダー?

〜匕首・十六串呂〜
どうでもいいが、「ヘアデアット」ってルビふってない?ヘアってなんだよヘアって。ウルトラマンかよ。

刹那のアーティファクトは小太刀ではなく短刀(匕首=あいくち)でした。柄尻にひもが付いているのが本体で残りは分身か何かなのでしょう。名前のとおり、本体あわせて16本ありますね。
16本もの短刀で何をするかと思えば、打ち出しているし。FOX3!FOX3!!
打ち出した短刀で超を取り囲み、使った術は「稲交尾籠」。稲交尾=いなつるびは稲妻の事だそうなので、この術の詳細は電撃による籠〜鳥籠の様に対象を閉じこめる為のもの〜といったところでしょうか。
超は刹那がアーティファクトを行使するのを見て驚いておりますが、刹那とネギ先生が仮契約しているのを知らなかったのか。
あと、やっぱり黒でしたね。

〜超・脱出劇〜
どうやら超があるとあらゆる捕縛から一瞬にて脱出しているその仕組みが見えてまいりました。科学の力は間違いなかったですが、結界解除装置のたぐいではなかったか!(これだと先ほどのように力づくで組み伏せられた時には抜け出せませんな) 
カシオペアが反応していることがヒントだとするときわめて短時間の時間跳躍を繰り返しているのでしょうか。ただ、時間だけを跳躍するのだと、刹那に組み伏せられていた超が後ろに現れたり、脱出するついでに髪を結んでいたひもを解いたりできる説明がつきません。時間跳躍に加えて時間停止(もしくは停止した時間の中を動いているのと同じくらいに見える程の超高速動作)なんかも組み合わせているのか。そういや、超のカシオペアってはネギ先生のと違ってツマミが一個多かったな。これが秘密のカギか?

髪解いた楓もいいねイヤッホウ。

〜撤退〜
ネギ先生は超が何をやっているのか気づいた模様。そして刹那・楓も超に対して打つ手なし!と判断。

つーか、「第3」廃校舎って、廃校舎多過ぎじゃね?

「ここが決戦の場ということでヨロシイカ?」
壁に「大肝試し大会!」とありますが、「廃校舎」で「肝試し」って、ここってライブ前にネギ先生が亜子を連れ込んだ所ですかね?

〜超りんお別れ大宴会〜
やっぱり送別会だったか、いいんちょ。
上手いこと考えたなぁ、奥の手。もし超がこの状態でも戦いをやめなかったらある意味凄い尊敬に値しますが、そうでなくてよかったなぁ。

この場にいない生徒
明日菜
木乃香
エヴァ様
葉加瀬

例によってさよちゃんは左手のみの登場。この照れ屋さんめ。
つーか朝倉、水かぶったりなんだり大変だったんだからいい加減着替えたらどうよ。

明日菜がいないのはしょうがない。木乃香も同様。エヴァ様はエヴァ様で高見の見物をしているのでしょう。案外、文字通り上空にいたりして。葉加瀬は……連絡がつかなかったのか。超の後方支援のために、どこぞに潜伏でもしているのでしょうか。

千雨がいるってことは、コタと別れたのか。茶々丸が超に呼ばれたので解散したのかね。このページには描かれていないけど、この場にコタもいるかもしれませんがね。それにしても、千雨はザジの連れてきたリアル物の怪どもにまとわりつかれている様に見える。哀れな。

で、美空は魔法生徒の仕事をさぼって(もしくはココネに押しつけて)ここにいるんですかね?やっぱり前回の魔法先生・生徒会議にてどういう方針で行動する事に決めたのかが知りたい。案外離れた場所から見てたりして。タカミチとか。



それにしても、案外あっさりバトル展開終了しちゃったなぁ。
まぁ、送別会の間に超のカラクリに対する何らかの対策を立てた上でリターンマッチが始まるのかもしれませんが。

そうなると

超VSネギ先生
龍宮隊長VS刹那
茶々丸VS楓

という対戦カードになるのでしょうか。つーかそういう希望ですが。

そんな所で次回へ続く


posted by 柊 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ネギま!」134時間目感想
Excerpt: 久々の合併号ということで、ほんの気持ちぶ厚い本になってますね??。でもネギまは減・・・(T-T)
Weblog: まいぺーす日記
Tracked: 2006-04-29 12:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。